我孫子市で内科を予約するなら【医療法人社団樹和会 いとう内科循環器科】

我孫子市の内科・心臓疾患を検査する心臓ドックはいとう内科循環器科まで

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1-1-22-3F
TEL 04-7181-3226
初診受付サービス

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
 

いとう内科循環器科HOME»  肥満と高血圧の密接な関係

肥満と高血圧の密接な関係

いつまでも健康でありたいと考えている方は、高血圧予防とその対策を考えると思いますが、高血圧と肥満が密接な関係にあることをご存知ですか?

高血圧とは

文字通り血圧が基準値よりも高いことを指し、血圧は血管壁に与える血液の圧力のことです。血圧には、心臓が収縮して血液が送り出される時に最も高くなる「収縮期血圧」と、心臓に血液が戻る時に最も低くなる「拡張期血圧」があります。収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合を高血圧としています。国民病と呼ばれる高血圧の原因は、遺伝や生活習慣にあると考えられています。

肥満者は高血圧になりやすい

肥満者は高血圧になりやすい

肥満の方は標準体型の方に比べて、高血圧になるリスクが2倍から3倍高くなります。もちろん肥満だからといって必ずしも高血圧になるという訳ではありませんが、可能性が高いということは知っておいて下さい。肥満といっても皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満がありますが、特に注意が必要なのが内臓脂肪型肥満の方です。

なぜ太ると高血圧になるのかというと、肥満の方は血液中の脂質が多いだけでなく血液量も多いため、心臓から血液を送り出す際の負担が大きくなります。そのため、血圧が上がってしまうのです。

また、肥満になると血液中の余分な糖を脂肪として蓄える“インスリン”を多量に必要とするため、交感神経が刺激され、血中にカテコールアミンが放出されます。カテコールアミンは末梢血管を収縮させる働きがあるため、血圧が上昇してしまいます。

高血圧は自覚症状がない

高血圧は自覚症状がない

高血圧の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないということです。

高血圧のサインとして頭痛やめまい、耳鳴り、肩こり、動悸、息切れなどがありますが、高血圧特有の症状だとはっきり分かるものがなく、また高血圧に決まった症状がないため、早期発見が難しいのです。血圧は測る場所や季節、体調、心のありようなどによって数値が変わるため、「自分は大丈夫!」と、放置している方も多くいらっしゃるでしょう。

高血圧を放置すると心筋梗塞や腎臓病、動脈硬化、脳梗塞などの危険性があるため、自宅でも毎日血圧を測定し、高血圧が続くようであれば病院治療を受けることがとても大切です。

我孫子市で高血圧を改善したいという方は、いとう内科循環器科をご利用下さい。いとう内科循環器科では、高血圧はもちろん、心臓疾患や高脂血症、糖尿病など、循環器の専門医が地域密着の診療を致します。電子カルテを採用しており、血圧・血糖値・検査データを即座にカラーでグラフ表示し、視覚に訴えた分かりやすい説明を行っていますので、何でもお気軽にご相談下さい。

健康診断や簡単心臓ドックも行っていますので、気になる症状がある我孫子市にお住まいの方、病気を予防したいという方もお気軽に、いとう内科循環器科をご利用下さい。

 

 



風邪やインフルエンザ、健康維持をサポートしてくれる健康診断から心臓疾患糖尿病といった生活習慣病までいとう内科循環器科は、我孫子市で気軽に足を運ぶことができるかかりつけ医として医療サービスをご提案致します。

専門とする疾患は、循環器疾患(高血圧、心不全、心臓弁膜症、狭心症、心筋梗塞、不整脈、ペースメーカー、大動脈疾患)や、末梢血管疾患(閉化症、バージャー氏病、深部静脈血栓症)などになります。
地域密着の診断を行い、皆様に信頼されるよう精進して参ります。 

 
▲Topヘ